2018年07月22日

サイティングについて

銃の構え方についてです。
以前も書きましたがリメイクして再記載しますのでよろしくお願いいたします。

サイティングとかいいますが、基本事項だからどうでも良いような感じですがさり気なく一番の重要事項ですね。
正しく構えなければ正しい射撃が出来ないということです。

イメージとしては銃を素早く構える練習を繰り返しいつも同じポジショニング(射撃姿勢)をできるようにすることです。


銃の構え方について
①右利きなら左足を半歩前に出して姿勢は若干前屈みで、右手だけで肩にストックを押し付けて構えてみる。(右腕の脇をしめる)
②照星照門を合わせて狙ってみます。
③その状態で左手を添えて肩に押し付け更に安定させます。
④何回も①~③を素早く繰り返してその銃に合った構えを体に馴染ませます。
⑤左右に振ってポジショニングする場合は、体を先に目標に向けるイメージで、手だけで狙うと引き付け(安定)が悪くなるので!
⑥顔の位置は、照門に近づけ過ぎずに覗くこと。これは照門が大きくなって狙いにくくなるからです。
九九式小銃ですがイメージです。

寄りすぎると手前の照門が大きすぎて狙いにくいということです。


自分に合った銃の選び方
②の状態で銃を構えて銃のフロントが重くなければ体に合っている物です。
両手で構えてもフロントが重い場合は体に合っていないのでスリングでテンションを掛けたりして安定させてみてください。

それでも重いと思う場合は、筋トレしかありませんねぇ・・・
九六式軽機関銃の場合いは重いので無理ですわ(^_^;)

エアソフトガンなので反動が無いので構え方なんてどうでもいいじゃなーい?
と思いますが、安定したサイティングが出来ないと安定した射撃ができない基本的事項です。

構えないで手撃ちする方は、これを読まないでしょうけど(^_^;)

基本が出来てはじめて、GATEでUH(ヘリ)から射撃していた隊員のセリフが言えるわけです。
正しい見出し(正しい狙い)
正しい引きつけ(安定)
正しい頬付け(正しい構え方)

ということで基本が出来ればガク引きしないということで
でも索敵を十分にして味方を撃たないことそれが一番重要なんですけどね。
まぁ本格的な事項なのでこんな感じで。

今回の紹介は、

https://youtu.be/Cd_5HDr5iBg

それでは、またどこかでお逢いいたしましょう。
  

Posted by SHIRAN at 22:01Comments(0)サバゲ

2018年07月08日

Beamに行って来ました

SHIRANです。

千葉県印西市のbeamに行ってきました。

装備の紹介の前にコレ

今では、全国展開していますが、ソウルフードのマックスコーヒー味のスナックです。

しばらく前ですが帰宅途中のコンビニで見つけました。

味は、コーヒーの苦みが先に来て、練乳の甘さと揚げせんべいの味がする・・・

ドライブの眠気覚ましには、良かったです。

しばらく時間が経過したので今でも売っているのでしょうか?

装備はこちら


夏場に使用するナム戦のオールドシールズ仕様です。

前回行ったのは、雨天でしたがサバゲしてます。

ほぼ雨天でのサバゲは15年ぶりぐらいですかね・・・

メンテが大変です。


今回は、既に夏になったbeamでした・・・

フィールドも夏場になり下草が生えているのでナム戦装備で丁度良かったですね。

しかし、オッサンに夏場は危険なので午前中で帰宅しました。

夏場のサバゲは活動休止ですかね。


今回の紹介は

https://youtu.be/ey-QhbVAGP4

それでは、またどこかでお逢いいたしましょう。
  

Posted by SHIRAN at 20:06Comments(0)米軍ナム戦

2018年07月01日

立川ミニミリタリーフェスタに行ってきました


先週のことですが、立川ミニミリタリーフェスタに行ってきました。



立川駅からも近く良い会場でした。

購入したものはこちら

サイドアーマーの模造品ですが、重量があるものです。

今度サイドアーマーを装備できるようにしないといけないですね。

秋葉原では、エチゴヤに立ち寄りましたが店内が混雑していましたね。
でも最近はフィールドで見かけるサバゲーマーが減ってきている気がしますが・・・
アニメの影響でまた増えてきているのですかね。

今回の紹介は

https://youtu.be/SsPQyHcO3DM

それでは、またどこかでお逢いいたしましょう。
  

Posted by SHIRAN at 18:23Comments(0)サバゲ

2018年06月04日

2018ギアフェス東北

今回は、ギアフェス東北に行ってきました。

場所は、宮城県柴田郡川崎町にあるジョーズポイントでした。

宮城県でも暑かった。

装備はこちら

それなのに朝飯も食わず参加するという・・・

関東にはあまり無い起伏のあるフィールドと厳しい日差しで足腰ガクガクでしたが友人たちや同じ趣味を楽しむ方々との

交流で楽しい時間を過ごすことができました。

主催していただいた方々や参加された方に最大限の感謝を。


もうすぐロートルには厳しい季節が来ますね・・・

ナム戦装備を準備しないといけませんね。

今回の紹介は

https://youtu.be/H2WIokNa96o

それでは、またどこかでお逢いいたしましょう。
  

Posted by SHIRAN at 19:00Comments(0)米軍現用

2018年05月27日

Beamに行って来ました

こんばんはSHIRANです。

今回は千葉県印西市のビームに行ってきました。

今回の装備はこちら


年代的に9年から11年に相当する装備になっています。

友人がガチな装備で決めているのでそれに合わせる形でガチ装備になっています。

装備品の入手とか組み合わせの設定とか友人に感謝ですね。

でも本人は、細かいところまで知識がないので(メインが旧軍なんでね)・・・質問しないでください。

適切な回答できるほど知識が有りませんので・・・


ほぼ一年ぶりにビームに行ってきましたが、顔見知りも居たりして懐かしいですね。

今回の紹介は

https://youtu.be/fSvAocYrUSU

それでは、またどこかでお逢いいたしましょう。
  

Posted by SHIRAN at 21:03Comments(0)米軍現用

2018年05月20日

再録 脚絆の巻き方


こんばんはSHIRANです。

私のブログと言えばコレでしたので、2012年3月にアップしたものを一部修正して再アップします。

どうぞよろしくお願いいたします。


旧軍装備と言えば脚絆!
これが出来なければ装備出来ませんというまさに象徴ですね・・・
写真はこれですが・・・



なかなか撮影する機会が無く脚絆の巻き方の紹介が出来ませんでしたが、やっと撮影出来たので自己流になっていますが紹介です。

当初は本に書かれている基本の巻き方でしたが、使用するにつれ足首の安定とほつれにくい方法に変化してしまったということですのであくまで参考までにm(__)m

1 巻き始め

紹介したレプリカの編上靴(ゴム底改修)にレプリカの巻脚絆(戦闘巻き)です。
足の内側後方で編上靴より上のアキレス腱あたりから上から降ろす様に始めます。
やや上から始めるのは、20年(1995年当時)ぐらい年前に当時70代の大戦に参加されていた方からその方がほつれにくいというアドバイスを頂いたのを取り入れたからです。
ただし終末(巻き終わり)の位置が合わない場合は、前から始めたりして、特に位置は定まりません。
アンダーウエア、靴下の厚さ、当日の足の調子により位置が微妙に変わるので始まり位置が定まりません(^_^;)
その時、教えてくれたご老人に脚絆譲ってと懇願されましたが当時は予備が無く譲ることが出来ませんでした。
残念でした、今は中田商店で普通にレプリカがあるので譲ることができるのですか・・・当時はまだ旧軍の軍装は実物が主流でしたからね。


2 1段目

やや強く巻き付けますここがほつれるとまた巻き直ししですから。


3 1段目2周め

更に2周めを巻きます。
強めにめいいっぱい引きます。
ここで緩むと靴の上部が脚絆からはみだしやすくなります。
はみ出しても使用上は問題ないのですが戦中派の方には下手くそと言われてしまします。

1周目より下を回すのがコツです。この時につま先を上げてキツメに巻くことで足首の部分で編上靴の最上部が脚絆からはみ出しにくくなります。


4 2段目

1段目を抑えるのでこれもまたやや強めに巻きます。


5 3段目

真ん中に折り返し目が来るように脚絆を反転させます。(ズレてるねぇ(^_^;))
ここもやや強めに巻きます。


6 4段目

また真ん中に折り目が来るように折り返しです・・・またズレてる(^_^;)


7 生地の終点

スルスルと巻いていき膝の下辺りまで生地が上昇していきます。
そこで生地の終点なのですが上から見て外側で3時の位置(右足)で終わるのが理想です。
その位置になかなかこないのでここが難しい所ですが、前側で終わらなければ良いというので適切な位置で決めます。
気に入らなければ始点を変更するので巻き直しとなります(^_^;)
また、生地の終点については、外側(右足なら3時の位置、左足なら9時))で終わらなくても正面にならなければ良いということもありますので調整してみてください。

当然、最上段はある程度キツく巻かないと緩む原因となるのでしっかり巻きつけましょう。


8 紐の巻き方

紐を前に回しながら巻き付けます。

編上靴の最上部がある1段目の中心に巻きつけながら1周して上に向かって☓印を意識して巻きます。

その時に☓の位置が真ん中に来るように調整しながら巻きます。


9 巻き終わりの処理

最上段の真ん中を1周して、☓印の始まる位置を終わる位置として決めます。
なぜこの位置かというとこの位置で終わると☓印が崩れにくいのでほつれにくくなるからです。


紐を下から潜らせてくるくる2回から3回程巻きます。


資料によってはここで巻き続けて処理する物とか有りますがあまり巻くと痛ので下の赤い矢印のように上から生地の下に隠すというのが痛くなくほつれにくいです。

最後の1周もある程度きつく巻かないと緩む原因となりますが巻きすぎると運動時の摩擦で皮膚を痛めるのでその力加減は、経験で会得するしかありません。


10 完了

これで、右足が完成しました。反対の左側は反対のやり方で巻きます。
写真は、右側が今巻いた(巻き直し)の状態で、左足は、朝からの状態で既にこの時点で6時間経過している状態です。
ちなみに左側はそのまま1日ゲームでの酷使に耐え約9時間このままでした。


後ろから見ると結構デコボコしてますねぇ・・・

自己流なのでツッコミされると厳しいですが・・・

参考になればということでm(__)m

以上、旧軍の脚絆の巻き方の再アップとなります。
一部修正をしていますが、新たに始めたいと考えている方の参考になればということで。

参考としては、兵舎さんの編上靴レプリカ(鋲付き)をこの時点で既に10年以上使用していたのをゴム底に交換した物にしています。
ゴム底に交換していただいたのは、群馬県高崎市のホップさん(http://hoprepair.web.fc2.com/)です。
既に修理から10年近く経っていますが、今でも旧軍時代の靴や革製品の修理をして頂ける貴重な修理屋さんなので参考までに紹介します。
最近は伺っていませんがブログでは、今でも旧軍の靴等の修理紹介しているので気になる方はぜひ。

今回の紹介は
ホップさんの動画です。

https://youtu.be/2K6QVjy3YLg

それでは、またどこかでお逢いいたしましょう。
  

Posted by SHIRAN at 22:46Comments(0)日本陸軍

2018年05月06日

ブログ復活

久々ですがシランです。

諸事情により削除したブログですがこの度復活させましたのでご挨拶です。

年齢的に死亡説とかありましたが・・・

過去のブログもデータを保存しているのでリクエストにより再掲載することは可能ですが何が有ったかなんて覚えて無いですよね。

そんな感じで再スタートですが相変わらずの日々グダグダで行きますので今後ともよろしくお願いします。

最近の装備です



今回の紹介は

https://youtu.be/Fio4MGq26VI

それでは、またどこかでお逢いいたしましょう。
  

Posted by SHIRAN at 16:01Comments(0)サバゲ